小顔整形には種類がある

女性

人気の小顔整形メニューとは

美容外科で小顔になる方法を試そうと考えた場合、注目しなくてはいけない項目があります。それは、施術が可能な部位の数です。これは病院・クリニックによって変化するため、病院を選ぶ際には確認しておく必要があります。多くの病院やクリニックでは様々な小顔整形メニューを用意しています。しかし、多くが部分施術になります。あるクリニックであれば目元の施術に14種類もの方法があり、それぞれに効果・金額・方法が変化します。また、オプションとして保証がついているものやついていないものもありますので、その点も考えてメニューを選ぶ必要があります。また、施術方法によっては同じ部位であっても金額に大きく差が出てしまう事なども考える必要があります。その大きな理由が美容外科系の病院・クリニックの施術は保険対象外になっている事が殆どです。例えば事故や病気で顔に怪我をしてしまったなどの、そのままだと外出などが出来ないなどの日常生活に支障をきたすものであれば、特例として保険適用で施術を受ける事が可能な事があります。しかし美容外科に通う多くが「自分を美しくしたい」という気持ちで施術を望むことから、医療ではなく美容の概念から行われる施術と考えられています。そうなると例えば鼻を小さくしたいという施術を受ける場合、約30万円近くの費用を自己負担で行う事になります。そのため、失敗したからもう一度という事が不可能になります。そのため、きちんと自分が施術を行いたいと考える部位を確かめる必要があります。今回のように小顔になりたいという希望を叶える場合も「糸リフト」「レーザー治療」「注射」「脂肪注入・吸引」などによって金額が異なります。多くの病院やクリニックではローンでの支払いが可能ではありますが、それでも高いお金で施術を受ける事に変わりはありません。小顔整形を考えているのであれば、慌てて病院探しをするのではなく、美容外科の特徴をしっかりと調べた上で、自分が理想とする小顔に近づけるためにどういった部分に施術が必要なのか、その頻度はどれくらいなのかを調べましょう。この時に施術で使われる薬剤なども確認してくといいかもしれません。例えば小顔治療で使われる「ボトックス注射」ですが、現在多く使用されているのがアメリカ製・韓国製になります。使われる部分は同じですが、料金が異なりますのでその違いなども知っておくとトラブル回避にもなりますし、何より適材適所を知る事ができます。