小顔を目指すなら原因を!

顔に触れる女性

顔が大きく見える原因

小顔になりたいと考えていても生まれ持ったものを変える事は難しいと諦めてしまう事があります。しかし、顔が大きく見えているのには原因があります。まずは多くの人が諦める原因となっている「骨格・エラがはっている」という事です。確かにこのポイントは生まれ持ったものになりますので、100%これで解説する事が出来るというわけではありません。しかし、この骨格やエラがはる現象というのは改善する事ができる部分でもあります。それはその部分についている筋肉が影響しているからです。筋肉が骨格やエラについて固まる事により、その部分が外に出てしまいます。そのため、マッサージや美顔ローラーなどを使用する事で固まってしまった部分のコリを解していきます。そうする事で筋肉に適度な収縮を与える事ができるため、出っ張った部分の面積を狭める事ができます。しかしあくまでも応急処置のようなものになりますので、完全に理想の小顔を作り出すのは難しくなります。そんな時に利用するのが、美容整形の「エラ削り」と呼ばれるものです。エラ削りをする方法は、美容クリニックによって違いますが口の中から切開して専用の器具を使って削る方法がとられます。しかし、大掛かりな手術をしないで改善したいと考える方もいるでしょう。ボトックス注射などを用いて行われる美容外科施術が、体への負担を小さくしてできる小顔になる方法の1つになります。これは、従来のメスを入れて行われる施術とは違い、注射をするだけで効果を発揮してくれるため、人気の高い施術と言われています。しかし、顔が大きく見える原因は他にもあります。「筋肉がたるんでいる」「脂肪が増えている」などの原因も、顔を大きく見せてしまう要因になります。筋肉の付き方なども人それぞれですが、そのままにしておくと筋肉がたるんだまま固まってしまうケースがあります。それらは顔を大きく見せるだけでなく、顔の皮膚を伸ばす原因にもなるためのちのちシワなどの原因にも繋がってしまいます。これは顔についた脂肪にも言える事です。しかも脂肪は筋肉とは違い、一度ついてしまうと取り除くのに時間と労力がかかります。ダイエットなどをしていると脂肪を燃焼させられると考えられますが、顔の脂肪が燃焼されるのは最後と言われています。また、顔全体の脂肪を根こそぎ落としてしまうと骨格が浮いてしまい、痩せたというよりも痩せこけたと表現されてしまうほどになります。そのため、適度に脂肪を落としていくにはこの場合も美容整形のプロに依頼するのがいいかもしれません。